【ヨーロッパ横断旅行記】人ごみで疲労しっぱなしだったローマ観光

投稿日:

旅情報

エリア:ローマ/イタリア
テーマ:街歩き
時期:2018/07/24~2018/07/26 (ヨーロッパ横断旅行で訪れた街の一つ)

2018年夏のヨーロッパ横断旅行で訪れた2つ目の街がローマでした。

有名な観光名地を中心に計画した旅だったので、長蛇の列に並ぶことも多く、疲れたという印象が強いです。

それでも、いつもテレビの向こうで見ていた「スペイン広場」や「トレビの泉」と言った景観を実際に見ると、「イタリアに来たんだな〜」という気持ちになりました。

今回の記事は、ローマで実際に訪れた場所を振り返ります。

youtubeまとめ

ローマに到着!

5日間もいたナポリとも別れを告げ、今日はイタリアのローマへ向かいました。

NIKON D7500 (18mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO250)

イタリアの都市間の移動には「trenitalia」という電車を利用しました。

あらかじめ準備しておいたeチケットを手にナポリ中央駅から出発です。

こっちの電車って日本みたいに改札口が無くて、電車の中で検札があるから本当に乗っていい電車なのか不安になる。。。(-_-)

因みに予約に使用したのがGO EUROというサイト。出発地と到着地を入力するだけで、ヨーロッパ内の電車・バス・飛行機をまとめて検索して知らせてくれるサイトでかなり使い勝手がいいです。僕も愛用してます。

電車の中は意外と快適でした。フランスのTGVと似てる感じです。2時間ちょっとの電車旅でした。そしてローマに到着。

まずはローマでの移動手段を確保する

まずは宿を目指します。

駅前で販売されていた地下鉄、バス乗り放題チケット7€を購入してバスに乗り込みました。

バス内部の様子。2車両連結型の大きなバスでした。内装も綺麗でさすがローマといったところでしょうか。

バスを降りたら今度はメトロに乗り換えます。

メトロ内部。観光客が多いのか、首からカメラをぶら下げている人が多かった。「ローマは治安が良くない」と友人からよく聞いていたので大丈夫かなぁと思いながら見守ってました。

そして途中の車両です。これ壁に描かれたストリートアートじゃないんですよ?

治安が悪いと言えばよいのか、美的センスがあると言えば良いのか戸惑いました(笑)

「マクドナルドの品ぞろえが違う!」

NIKON D7500 (35mm, f/4.2, 1/60 sec, ISO900)

ローマのマック。マックは食事をとれる庶民の見方です。

その国の物価はマックを買えば分かると言われている程。

早速訪れてみると、まずはオーソドックスなハンバーガーが1€。その他、日本では見かけることのないモッツアレラチーズを揚げたメニューがあったのでそれも頼んでみました。

2€ちょっとしか払っていませんが昼御飯には十分なクオリティです。モッツアレラチーズ揚げもチーズがトロトロしてて美味しかった。

「ローマの休日」見たことないけどスペイン広場!

NIKON D7500 (18mm, f/8, 1/160 sec, ISO100)

まずは歩いてスペイン広場へ行ってみました。

オードリーヘプバーンが出演してる「ローマの休日」で登場している場所であることは以前から知っていましたが、生憎自分はまだ見たことが無かったので聖地巡礼のような形で楽しむことはできませんでした。

でも、多くの観光客が階段に座って喋っているの姿は奇妙な感じだったので写真は撮ってみた(笑)

時間があったらAmazonプライムで視聴してみようと思います。

トレビの泉

NIKON D7500 (18mm, f/10, 1/250 sec, ISO200)

続いてトレビの泉へ。

凄い人だかりで事細かに泉を見ることは出来ませんでしたが、観光客の人達が次々と泉の中にコインを投げ入れている姿は新鮮でした。

因みに一回投げるとまたローマに戻って来ることができると言い伝えられているみたいですね。(人ごみを嫌悪している筆者は2度目は来なくてもいいかな~とか思っていたりして( *´艸`))

さあ、ローマでディナーするぞ!

NIKON D7500 (38mm, f/4.2, 1/50 sec, ISO3200)

夕飯は宿の近くの海鮮レストランへ。

最近は白ワインの味の違いが分かるようになってきたので白ワインを注文するのが楽しみのひとつになってきてます。このレストランでも忘れずに注文しました。

日本にいたときはあんなに頑なにワイン飲まなかったのになぁ。ヨーロッパの料理は本当にワインに合うんですよ~(肥満に注意( ;∀;))

アサリのパスタ。

メニューが完璧な日本語で書かれているだけでなく、シェフが日本語を少し話せたので楽しく頂くことができました。

肝心の味も、貝から良い出汁が出ていて、細いパスタがうまく絡まり合って絶品でした。

アサリは日本で食べようが海外で食べようが安定の美味しさやなあ。。。(*’▽’)

 

 

コロッセオ!

NIKON D7500 (18mm, f/11, 1/400 sec, ISO200)

2日目は朝からコロッセオに向かいました。

ローマと言ったらやはりここは外せない。

NIKON D7500 (18mm, f/8, 1/60 sec, ISO800)

内部の様子。

チケット待機列がそこそこ長く、2時間位並んでやっとチケットを購入しました。

今回の旅はかなり時間に余裕がある旅なので問題ありませんが、もしこれがパッケージのツアーだったとしたら時間が勿体なくてとてもじゃないけど並ぶ気にはなれませんね。(筆者はマジで人混みが嫌い)

NIKON D7500 (18mm, f/11, 1/400 sec, ISO200)

やっとのことで内部に入場。

内部は流石に素晴らしく、ここでグラディエータ達が戦っていたのかーとイメージしながらぐるぐる歩き回ってました。

地下や3階はガイド付きのツアーでないと入れないらしく、残念でした。

今回の旅で何度も思いますが、日本が石器とか使った生活していた時代にこれ程の建築物がここにはあったとは信じられません。

NIKON D7500 (18mm, f/10, 1/320 sec, ISO200)

因みにFateの聖地巡礼も含んでいたりします(笑)(丁度FGOがアプデ中で画面開けなかった図)

いざバチカンを目指して!

ローマに来たらもう一つ訪れておきたい国がありますよね。

そうです。「バチカン市国」。そこで世界で一番小さい国と言われている「バチカン市国」を目指しました。

NIKON D7500 (80mm, f/11, 1/500 sec, ISO200)

見えているのがサンピエトロ大聖堂。

回りにイタリアとの国境があります。

自分の足で国境を越えるのは初めての経験でした。

NIKON D7500 (18mm, f/11, 1/500 sec, ISO200)

炎天下のなかでの待機列。

ローマは湿度が低いので日陰に入れば涼しいのですが、この待機列では日光を遮るものが何もなく、何度も死にそうになる笑

せめて日向で並ばせてくれ~( ゚Д゚)

NIKON D7500 (22mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO3200)

そんなこんなでやっとこさ入場。

やっと入場した教会内部は圧倒的なものでした。

おそらくこれまで見てきた教会の中でもトップクラスにでかい。

NIKON D7500 (18mm, f/3.5, 1/125 sec, ISO2200)

何か神々しい神の光のようなものまで見える。。。。。。!

NIKON D7500 (60mm, f/5, 1/60 sec, ISO4000)

写真は2回からの内部の様子。

NIKON D7500 (26mm, f/8, 1/250 sec, ISO100)

屋上に出るとローマ市内を一望できます。流石にこの景色は感動しました。

(どんな街でも高い場所に行けば感動できるというルールが自分のなかで確立しつつあります笑 意外と通用すると自負しています笑)

真実の口

ラストは真実の口。バチカン市国からの移動が尋常じゃなく遠く、徒歩で30分近くかかった記憶があります。余裕が無い人は必ず電車やバスを利用することをお勧めします。

NIKON D7500 (20mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO250)

正直じゃない人は噛まれる的なあれです。

30分位並んでやっととった写真です。

ローマのマックでマナーの悪さに驚愕

さあ、3日目のスタートだ!ということで景気つけにマックに行きました。

今回の旅では本当に重宝しています。1€でシェイクが食べれるのは物価の高いヨーロッパでは庶民の見方です。

驚いたことが一つありまして。

こっちの人はテーブルマナーがあまりよくないですね。食べ終わった物は絶対片付けない。マックが安いのはこういった片付けにかかるサービス料を削っているからなのに。。。ヨーロッパの人の神経の図太さとこういうのを見ると落ち着いていられなくなる日本人の神経との違いを感じました。

いざ本場のカルボナーラを

NIKON D7500 (18mm, f/4, 1/60 sec, ISO2800)

お昼は念願のカルボナーラです。ローマと言えばやはりこれ。

Ristochiccoというレストラン。ネットで調べると上位に出てくる程有名なレストランです。google mapでも星4.4とかなり高評価!

なんとお皿はフライパンのまま出てきます( *´艸`)

チーズの味が強く効いていてこれまでに食べたことのないくらい濃い味でした。勿論美味!カルボナーラなんて普段自分で作ることもないのでローマに来て食べておいて正解でした。

バチカン美術館

その後はバチカン美術館へ。

ここも変わらず行列ができていました。

まずは、チケット購入列に並びます。(インフォメーションの人に最低でも2時間待つことになるよ!って脅されてファストパスの購入を勧められましたが実際は30分位ですんなりはいれました。無視して正解だった。)

因みにここは学割有効です。結構有名な作品が飾られてる美術館です。

ミケランジェロの天井絵(アダムとイブ)などはかなり有名ですが、写真撮影禁止だったので残念ながらここには載せられません。。。

NIKON D7500 (18mm, f/3.5, 1/250 sec, ISO800)

NIKON D7500 (56mm, f/4.8, 1/160 sec, ISO800)

NIKON D7500 (18mm, f/3.5, 1/125 sec, ISO1250)

まとめ

有名な観光スポットはほとんど回れたので満足。ただ、人ごみの中に行く旅は疲れますね、出来れば避けたいものです。

次回は夜行バスでピサの斜塔に移動して、それからフィレンツェ2日間過ごした時の記録を書こうと思います。それでは!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした