ツールド妻有2019に参加してきました【後編】

自転車

ツールド妻有2019参戦記録,今回の記事は前回の続きです.

ツールド妻有2019に参加してきました【前編】
先日、新潟県十日町市で開催されたツールド妻有2019に参加してきました(120kmの部). ツールド妻有の存在はフランスで一緒に自転車に乗っていた先輩ローディから教えてもらいました.日本での再会も兼ねてのサイクルイベント参加です.こう...

コースの概要は以下の動画からどうぞ!

走行ログはこちらのstravaからどうぞ!

いざ会場へ

前日の清田山キャンプ場でのコテージ泊を終え,時刻は朝の5時.

眠い顔をこすらせて車を運転し,本日車を駐車しておくことになっている会場付近の臨時駐車場まで移動します.前日練習の疲れはほとんどなし.体調良好です.

駐車場はいくつかに分かれていて,今回は第4駐車場に駐車することになっていました.もう少し早く申し込みをすればもっと会場い近い駐車場に回してもらえたのかな?

ということで駐車場から自転車はしらせてスタート地点のミオンなかさとまで移動(;^ω^)

と言いつつ距離的には2キロくらいなので軽いウォーミングアップにはちょうど良い感じでした.

6時過ぎには会場に到着.この時点でスタート地点には自転車の長蛇の列.

早く着けばつくほどスタート時間も早くなるよう.私たちの後にもぞろぞろと人が来たのを見ると割と早めに会場につけたほうだったかも.時間いっぱいで走りたい人は早めに会場に到着して待機しておくことをお勧めします.

素晴らしきエイドの数々をご覧あれ

ツールド妻有の主催者,十日町市長そしてビッグゲストのクネゴの挨拶があり,いよいよスタートの合図.

何といってもこのツールド妻有の大きな見どころは数多くのエイド補給食!

地域折々のグルメを食べながらお腹いっぱいになりつつ地獄のような坂の数々を登れるという豪華なラインナップになっております(笑)

コース − ツールド妻有 2020 / CHARINCOMMUNITY ART
ツールド妻有は、新潟県妻有地方(十日町市・津南町)で、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 」の作品(チャリンコミュニティーアート)として、2006年以降毎年開催されているサイクリングイベントです。

今回の私の目標は早くゴールする事でもなんでもなく,全ての食事を制覇してゴールする事.

このブログでもその補給食の数々を振り返っていきましょう(コースの見どころの紹介も忘れずに(;^ω^))

AS1 西田尻

スタート から約40分,最初のエイドステーションに到着です.朝一の補給で何がでるかな~と楽しみに覗きに行くと・・・・!

グレープフルーツ系?の生絞りジュースやバナナ等のフルーツ達が...!

朝一でがっつり食べるのは気が引けるので軽く食べれてこれは嬉しい!なおかつ生絞りのジュースののど越しが最高である.

AS2 ペルナティオ

2ndエイドでは笹団子やおにぎり,から揚げ等がふるまわれた.90kmコースと共通のエイドポイントであるため,規模がでかい.

実は,このツールド妻有で唯一クネゴと出会ったのもこのポイントでした...イタリア語が全然わからないので思い切って話しかける事が出来なかったのが悔やまれる( ;∀;)

このエイド以外では一回も会わなかったので,おそらく自分のペースでどんどん行っちゃったんでしょうね,早すぎる(笑)

なんかTwitter見てると来年もクネゴ参加するらしいので次参加するようならイタリア語少し勉強しといてコミュニケーションとりに行きたいです.あ,でも英語で普通に話しかければ良いのか(;^ω^)

それと,何を思ったかこのポイントで写真を撮るのを忘れてしまったのはご容赦ください(;^ω^)

私設エイド1

 

道中で施設エイド発見!

地元の方が今回から始めたそうです.アイスコーヒーやこんにゃくゼリーをふるまって頂きました.こういう地元愛的な雰囲気が感じれるポイントがいくつもあるのがこのイベントの素晴らしさだなーと感じています.

AS3 鉢

開始37km地点.まだまだ先は長いものの規模大きなエイドポイントです.

 

地元の家庭料理,漬物,スイカ等よだれが垂れるようなメニューのラインナップ.

筆者はひたすらスイカを平らげました(笑)

あと子芋の煮っころがしの絶妙なしょっぱさが最高.

 

そして出張マッサージまで!

到着時にあまり混雑していなかったこともあってお願いしちゃいました.こんなところで道草食ってていいのかーという感じですが各エイドを堪能するのが当初の目的なので問題ありません(笑)

腰から脚までしっかりもみほぐされ,この先どこで迄も行けちゃいそうなそんな気持ちにリフレッシュされました(笑)

この隙に先に出発した仲間を追いかけるために少しペースを上げて次のエイドに向かいます.

AS4 坪山峠

別名パエリア峠と呼ばれています.

峠を登り切った先で大きな鉄なべで調理されているパエリアは格別な旨さです.何杯でも食べれそうですが,この先のエイドの数を考えるとちょっと控えてしまう(;^ω^)

冷や汁もGet.

丁度通り雨に打たれてしまったせいもあって体が冷え切って寒くなる位ひやひやなお味噌汁でした.でも旨い!

ガリガリ君峠

なかなかの登りを終え,峠を越えた先でガリガリ君Get.

登り切った先で楽器を持って応援してくれている地元の人たちがいてすごく元気をもらったのが思い出されます.

ここの峠,ついにStravaでもガリガリ君峠と命名されています(笑)

施設エイド2

 

そしてガリガリ君峠を下ったところで本日2つ目の施設エイドが.

しそジュースと温かいカレースープを頂戴しました.

公式のエイドと私設エイド合わせたら10個以上ありますね.これは.地元の方の愛に感謝です.

そろそろお腹いっぱいになってきた(笑)

AS5 農舞台

今回ここを制限時間内に通過しなければ自動的にショートカットコースに案内される場所がここ.

割と余裕を持って到着できたのでここでゆっくりと昼食タイムです.

昼食では名物である蕎麦がふるまわれました.また,付け合わせとしてふるまわれる漬物も最高.

蕎麦自体は言わずもがなつるつる食べれて美味しく,またそばつゆが不足した塩分を補ってくれて,蕎麦って補給食に意外と相性がいいかも .

AS6 あざみ平

あざみ平エイド.お昼でお腹いっぱいなので,ここでははちみつレモンを頂き体力を回復しました.

しかしまつだいのエイドステーションで昼食を食べた後辺りからお腹が重い.完全に食べすぎだ(;^ω^)

AS7 儀明

ここで飲んだ冷たい麦茶と自家製のはちみつレモンが印象的.

あとは...!

ででん!エイドステーションのおばちゃんにどうしても食べてとお勧めされてついつい手に取ってしまった(;^ω^)

しかし,ものすごく甘みがあっておいしい!こういうトマトは東京では食べれないので嬉しいですね(*’▽’)

AS8 星峠

星峠では生なす!初めて生でなすを食べたけど味噌との相性が抜群!

ついでに有名な星峠の棚田でパシャリ.

いやあ,ここまで来てよかったなあと感傷に浸るほど素晴らしい眺め.いやあ,本当に来てよかった(*’▽’)

ここからは長い下りでゴールであるミオンなかさとを目指します.

AS9 五十子平

最後のエイドステーション.少し雨に打たれて路面がウェットです.

待ってました!地元野菜がふんだんに使われ,更には地元の特産のお米で作られたカレーライス!おいしくないわけがなく,加えて雨に打たれて冷えていたからだを温めるのに一役買ってくれました.

噂によると,途中で米が切れてカレーそうめんが振舞われたそうな...

ふるまってくれた地元の方が神様に見えた瞬間でもありました(笑)

ここからはゴールに向けてラストスパート!

ラファによる私設エイド

一体何個エイドがあるんだよ!という話ですが,最終エイドの後にラファによる私設エイドが!ここでは挽きたてコーヒーが振舞われていました.

なんだかんだで今回13個目のエイドステーションです.

下り口調のコースで体が冷えてきたころにこのエイドがあって,体を温める事が出来るなんて,ラファさんの設営位置は絶妙だと思いました(*’▽’)

ラファ製品持ってないけどこれを機に買ってみようかな!(^^)!

そしてゴールに到着!

 

そしてついにゴール!

約8時間50分かけてスタート地点に戻ってきました.

完走の賞状と無料温泉券,更には豚汁をGetしてツールド妻有これにてフィニッシュ.

まとめ

終わってみると全体を通してエイドステーション13個というボリュームのツールド妻有2019.

田舎道を走るという非日常感だけでなく,地元の方々の温かさを感じる事の出来る素晴らしいライドでした!

次回はジャージが更新される年にでもまた遊びに来たいです!

とっても良い休暇のリフレッシュになりました!

それでは!


 ロングライドでは日焼け対策をお忘れずに!

 

 

コメント