【フランス留学】パリで写真をプリントアウトしたい!そんな時はFnacの印刷機がおすすめ。

投稿日:

こんにちはささこーです。

フランス滞在中にカメラで撮った写真を手軽に印刷したい!って思うことはありませんか????

私はあります!!!

今日はフランスで撮った写真をその場で簡単に印刷する方法を説明したいと思います。

日本では、富士フィルムのお店とかに行くと写真印刷用の機械が置いてあると思うんですが、それのフランス版だと思ってください。

実際に使用してみて突っかかった部分などを簡単にまとめておきたいと思います。

写真印刷ならFnacがお勧め

Fnacは皆さんご存知でしょうか?

フランス人なら誰しもが知っている家電量販店で、日本で言うヨドバシカメラです。

パリ市内にも何店舗かお店があり、旅行中でも見つけるのは簡単だと思います。

このFnacというお店のカメラコーナーに、以下の写真のような端末が置いてあります。

この端末を利用して今回写真の印刷を行っていきます。

使用前にプリペイドカードを購入しましょう

端末を見つけたら後は手順に従って作業するだけと思うかも知れませんが実は違います。

支払いがプリペイドカード制なので、事前にカードをレジで購入してからプリント作業に入らなければならないのです。

そこでまずは、プリペイドカードを購入します。

印刷枚数に応じて異なる価格のカードが用意されていますので、自分の用途に合ったカードを選んで購入しましょう。

フランス語が話せるならレジの人に直接話せば買えますし、話せなくても写真を見せれば伝わります。

今回は、通常サイズの写真を20枚印刷できるカードを購入してみました。

それでは実際の印刷作業に入っていきます。

印刷までの流れ

まず、写真データの入っている端末を機械に接続しましょう。

基本的なフォーマットは対応しており、スマホ、もしくは写真のデータが入ったSDカードやUSBがあれば問題ありません。

接続が完了すると印刷する写真を選ぶ画面が表示されます。

基本的な写真10×15cmを印刷する場合は、一番左のボタンを押しましょう。

ちなみに真ん中のボタンでは少し凝ったアルバムのような写真を加工したり、一番右のボタンではカレンダーを作ったりすることができるようです。

あとは印刷したい写真をポチポチしていくだけです。

スマホのような感覚でどんどん選択していきましょう。

支払いと写真の受け取り

選択が完了すると支払い画面が表示されます。

選択した写真の枚数で料金が変わります。

まずレシートが出てくるのでそれを受け取ったら左側のICIという部分にプリペイドカードをタッチさせましょう。自動的に支払いが完了します。

しばらくすると機械の下側から写真が次々と出てくるのでそれを回収したら完了です。お疲れ様でした。

めっちゃ簡単だったでしょ?

まとめ

思っていた以上に簡単で、プリペイドカードさえ持っていれば5分くらいで印刷できてしまうのでかなり手軽だなと感じました。

もし興味があれば試してみてください。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした