【フランス留学】日本食食べ放題レストラン「Nagoya」に行ってみた

投稿日:2018年9月10日 更新日:

レストラン情報

レストラン名:Nagoya Restaurant

場所: 79B Avenue Gabriel Péri, 93400 Saint-Ouen

大学のセメスターが始まって最初の週末。いつもの写真クラブのメンバーと一緒に日本食食べ放題レストランを訪れました。この場所に日本食レストランがある事は知っていましたが、わざわざ一人で食べに行く程では無かったのでずっと回避していました。今回いい機会なので少しレビューしてみようと思います。

レビュー

店の外装はあまり日本食レストラン風とは言えないが、「名古屋」という、フランスでは一際目立つ漢字のお陰で日本人には嫌でも目につく店である。

店のオーナーはおそらく中国人。日本語は通じないがメニューにはローマ字書きがあるため、フランス語が不自由でもメニューを見ながら好きなものを注文しやすいと言える。

メニューは単品からでも注文できるが、18€で寿司、アメリカ寿司、焼き鳥、餃子、カレーなど食べ放題になるセットがオススメだ。

時間制限もないのでゆっくりじっくりたくさん食べる事ができる。因みに食べきれなくて残してしまうとそのプレートにつき2€の罰金が生じるので注意。

店内の様子。日本食レストランというよりは中華料理レストランのような風貌だ。これはフランスの日本食レストランあるある。

きちんと箸が準備されていた。なんか久しぶりにレストランで箸を使った気がする。

実際に注文した寿司。

メチャクチャ美味しいわけではないが、久しぶりに食べる日本食はやはり涙が出てくる懐かしさがある。(1ヶ月前にポルトガルで寿司を食べているものの笑)

イクラの軍艦巻きなどは案外クオリティが高くて驚いた。

焼き鳥も外国人受けがいいのかネギま、つくね、牛肉、などなど種類が豊富で満足できた。

残念ポイント

最後に頼んだカレーライス。

イメージしていたものと全く違うものが出て来た上に尋常じゃなく量が多かった。因みに小さいサイズは準備していないそう。

お米もタイ米なので日本人にとっては少し苦手な味だった。

残すのはあれなので全部食べたけどね笑

パリでカレーを食べるときは、まず日本人がイメージしているようなカレーは滅多に出てくることは無いということを肝に銘じておこう。

まとめ

長くフランスに滞在している日本人留学生や旅行でフランス料理に飽きたツーリストにとっては、約20€で、しかも時間制限なしで日本食が食べれる場所があるのは朗報だと思います。

パリ市内から少し離れているが、メトロ13番線でアクセスできるので、是非オススメしたいです。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした