【フランス留学】夜のエッフェル塔はSNSでシェア禁止!観光地での撮影に注意すべし。

投稿日:

事の経緯

現在フランスでは、日仏の外交関係締結から160年を記念して祭りが行われています。

9月13日もその一環として、エッフェル塔では初めての日の丸をモチーフとしたライトアップが行われました。

これを聞いた私は勿論、パリに留学中の今がチャンスと思ってカメラ、三脚、リモコンを手に夜のエッフェル塔の夜景を撮りに出かけました。

夜のエッフェル塔は撮影禁止です

何の違和感もなくパシャパシャ写真を撮り、満足できた写真があったらSNSに上げる。

そんなことを繰り返しながら夜のエッフェル塔を楽しみました。なかなか自慢できそうなフォトジェニックな写真も何枚か取れました。

この時は、周りにはスマホで自撮りしてる人も沢山いたので写真の撮影は当然OKと信じ切っていた。

ところがどっこい、写真を撮るための良い画角が無いかと調べるために「夜のエッフェル塔」とGoogle検索すると。。。。

出てくる、出てくる

「夜のエッフェル塔には著作権がある」

「・・・・・・・・。」

「何~~~~~~~~!?」

昼のエッフェル塔は撮影OKです

なんと、夜のエッフェル塔というのは、芸術作品として著作権を持っているのだそうだ。

ライトアップが行われている時点で芸術の一部。という考えらしい。

因みに昼のエッフェル塔に関しては、ライトアップも無いし、設計者が亡くなってから50年が経過しているため著作権は無いとのこと。

ということで以前に撮ったエッフェル塔の写真はこの通りひたすら自分のブログに上げることができるのである。

NIKON D7500 (18mm, f/9, 1/320 sec, ISO100)

【教訓】観光地での撮影とSNSシェアには気をつけるべし

当然、知らずに挙げたエッフェル塔の写真はSNS上からさっぱり削除しました。

こういう観光地にも著作権がある建物があることを知らなかったのでいい勉強になりました。

皆さんも知らずに自撮りして著作権を侵害している可能性が十分にありますよ!少なくとも夜のエッフェル塔はSNSアップロード禁止という事を覚えておきましょう!

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした