【フランス留学】持って行って良かったもの・持っていけば良かったもの

フランス留学
スポンサーリンク

こんにちは管理人のささこーです。

2018年の総括第二弾ということで今回は、

フランス留学で持っていってよかったもの、持って行けばよかったもの

をまとめて行きたいと思います。

※初めに

  • 理系大学院生が約11ヶ月滞在しての感想
  • 資金節約のための貧乏癖がある

という管理人の価値観で書いている記事ですのでご注意を。

フランスでも手に入るもの

基本的に、私は現地で仕入れられるものは現地で仕入れてなるべく日本からの持ち込みを少なくしようというスタンスでやってきました。

ですので、この記事もそういう視点で書いて行こうかなと思っています。

「生活必需品は日本の方が品質が良い!」とか考えている人はごめんなさい。

というわけで、まず持って行って良かったもの、持って来た方が良かったものを語る前に現地で手に入るものを説明しようと思います。

食料品・最低限の生活必需品

まず、パリはヨーロッパの中でも大きな都市なので、以下のようなチェーン店のスーパーを見つけることができれば大体の食料品や生活用品(洗剤、食器、歯ブラシ、ちょっとした文房具まで何でも)は手に入ります。

Franprix – votre magasin alimentaire de proximité
Retrouvez toute l'actualité de Franprix : nos promotions, nos marques, nos services et toutes les infos de nos magasins près de chez vous
https://www.monoprix.fr/

つまり、基本的には、スペースの少ないスーツケースの中に、わざわざ現地でも手に入るこれらのものは持ってくる意味はほとんどないということになります。

もし、上記のスーパーは若干値段が高い(フランスは基本的に物価が高い)という方は、少しでも節約したいという人は以下の”LIDL”というスーパーがおすすめ。

https://www.lidl.fr/fr/index.htm

ここら辺で、生活に最低限必要な商品は大体揃っちゃいます。

食器・家具

食器、家具などもパリは大きな町ですので簡単に手に入ります。

例えば以下の”Conforama”という専門店が狙い所。

ほとんどの商品を日本と同じような感覚で手に入れることができます。

 

特にこのお店は食器、布団、電子レンジなど大体何でも揃うし比較的安めなのでお勧めです。

Conforama : meuble, cuisine, électroménager, décoration – Conforama - Conforama
Conforama, achat en ligne de meuble et mobilier, cuisine, articles de décoration, électroménager, image et son, informatique. Tout pour l'équipement et ameublem...

家電

新しい暮らしには家電屋さんが必要ですね。

日本でいうヨドバシカメラなるものがパリにもあります。

そんな場合に役立つのが、”Fnac”です。

一般的な家電(PC、カメラ、スマートフォンなど)ならここで揃わないものはありません。

家電好きの人間なら1日中いられるくらい商品が充実してます!

家電はアパートに既についているから必要ない!なんて方も、乾電池やUSBケーブル、USBキーなどちょっとした細かなものを買うのに重宝すると思いますよ。

Fnac : Informatique, Smartphones, livres, jeux vidéo, photos, jouets, électroménager neuf et occasion.
Achat en ligne sur Fnac.com : Produits culturels, techniques et électroménager. Retrait gratuit en magasin en 1 heure: DVD, jeux vidéo et jouets enfants, cd , m...

日本の食材

日本の食材が食べたくなったら”Kioko”か”Kマート”です。

パリでは案外簡単に日本の食品も手に入っちゃいます。

値段は日本より高いですが、日本のお菓子やビール、パリでは中々手に入らないような野菜類まで、日本のスーパーで買いそうなものは大概手に入ります。

Kioko épicerie japonaise en ligne - KIOKO Épicerie Japonaise
Kioko Epicerie Japonaise. Retrouvez tous les ingrédients de la cuisine japonaise
Accueil | France | K-Mart
K-Mart est une épicerie proposant des produits coréens et japonais avec un coin cafétéria incluant traiteur, boucherie et poissonnerie. L'endroit si vous voulez...

私も、友人とお好み焼きパーティや寿司パーティをする時はここでよく材料を揃えていました。

スポーツ用品

スポーツ用品が欲しいなと思ったら”デカトロン”一択です。

bulle
DECATHLON ►►► Matériel, vêtements, chaussures de sport. Livraison à domicile de tous les articles de sport DECATHLON parmi plus de 45000 références et 75 sports

例えば、寝袋とか15€位で買えたり、ランニングシューズも10€~購入できる位お得なスポーツ用品店です。

僕はどうせ1年間しかいないのに布団なんて買ったら勿体ないと思ってここで寝袋を買って1年間家の布団にしました。

結果、旅先でのキャンプとかにも使えて、全然悪い選択肢ではありませんでした。

因みに、自転車旅に必要なキャンプセットとかもここで一式揃えています。

持ってきてよかったもの

さて、これだけパリでは大体のものをそろえることができるのに、それでも持ってきておいてよかったなと思うものがいくつかあります。

それは何かと言うと・・・。

パスタの素

まず、パスタの素です。

パスタって手軽に作れる料理だし、コストパフォーマンスが高いので、貧乏な学生の強い味方だと思っています。

でも実は、ヨーロッパってパスタが有名なのに、日本みたいにインスタントで味付けできるパスタの素が売っていないんです。

スーパーで唯一購入できるのがボルネーゼという種類のビン詰めされたパスタの素。

「ボルネーゼの味に飽きたなー」なんて思った時に、たらこパスタの素があるととても幸せになれた記憶があります。

パッケージ自体そんなに大きい物でもないので、フランスに来る時のスーツケースにいくつか忍び込ませておくことを強くお勧めします。

お菓子

続いて日本のお菓子です。

用途としては、お土産として現地の友人にあげるといったところでしょうか。

先程説明した日本食品店でも手に入るのですが、少々値段が高いんですよね。

例えば抹茶味のキットカットをパリで買おうとすると、日本の3倍位します。

経験上、色々なお菓子や飲み物(せんべい、ハッピーターン、柿の種、日本のビール、日本酒)を海外の友人に上げた事がありますが、一番受けが良かったのは抹茶味のキットカットでした。

やはり、チョコレートという現地でも馴染みのある食べ物の珍しい味付けが興味をそそるんだと思います。

管理人はとても買うことができないと分かっていたので、フランスに来るときにいくつかスーツケースの中に忍ばせておきました。

日本で買っておけばそんなに高い物でもないのでお土産として持っていくのをお勧めします。

フランスで友人や知り合いを作る際のきっかけ作りにも一役買うことでしょう。

 

iPad

iPadはめちゃくちゃお勧めです。

パリに来たら何かと役に立つだろうなと思い、私も一応購入して持ち込んだのですが、今となってはこれを手放せないくらい重宝してます。

理由は

  • 現地でのテレビの代わりになる
  • Youtubeで日本のチャンネルを見れる(心の安らぎ)
  • Kindleで本を読める

等他にも数知れず・・・。特に現地で日本の本を仕入れるのが非常に困難な海外では、Kindleが使えるのは便利です。

フランスにいると日本の本が読みたくなってもなかなか手に入れることができないのですが、Kindleとクレジットカードさえあれば大体の本をタブレット上で読むことができます。

管理人は就活の情報やお気に入りの雑誌を読むのに毎月使っていました。

その他、レポートを書いたり、英語の勉強をしたり、ちょっとしたブログを書くくらいならiPad一つあれば十分というシチュエーションもよくあります。

このキーボードと組み合わせると。。。

こういう感じでまあ、ブログ執筆やレポートくらいなら快適にできちゃうわけですね。

今ではもう手放せない必需品となりました。

持ってこればよかったもの

ノートPC

上記でiPadを持っていれば何でもできるといいましたが、実は理系の学生にとっては十分ではありませんでした。

例えば、

  • 3DCADソフトを動かす
  • プログラミングをする
  • 回路設計
  • Photshop/Lightroom

など、学生によっては、PCが無いと動かせないソフトが山ほどありますよね。

そんな時に個人のPCを1台持っていると便利です。

僕は一応研究室のノートPCを1台フランスに持ち込んでいたのですが、研究室のPCなので、自分の好きなソフトウェアを安易にインストールできないことや、留学の最中に故障してしまったりと色々不便が生じ、結局は自分のノートPCを一台持ってきておけばよかったなと後悔しました。

理系の学生でフランスに来る場合は、自分のPCを持ってくることを強く推奨します。

現地のpcを購入すると、帰国した後にプラグの形が違うとかで色々面倒なことになると思うので。

この辺とか軽くて持ち運びやすいのでいいんじゃないでしょうか。

変換プラグの予備(小さいやつ)

海外に行く人はまず忘れることはない必需品だと思います。

しかし、ここにも大きな罠が・・・。

自分も以下の商品を買ってきました。延長ケーブルのような配線が長いタイプです。

が、管理人は持ち運び性や、大きさを全く考慮していませんでした。

例えば、フランスの大学で日本のPCを使いたいと思ったら変換プラグを持って行かなきゃいけないのですが、自分が買った上記のプラグは、大きくかさばりやすかったんです。

でもって、家にはこれ一つしかない為、枕元に置きっぱなしで持っていくのを忘れてしまう。。。という失敗を何度もしました。

家に常備する用と持ち運び用の二つを準備することを強く推奨します。

例えばこんなやつです。

スーツ

これは人によると思いますが、理系で学会発表などを行う予定のある人は持っていくことをお勧めします。

僕は留学の途中で学会に参加することになったのですが、スーツを持ってきていなかったため、高いお金を払って日本から親に郵送してもらいました。。。。(;´д`)トホホ

汗ふきシート

こっちに来て気づいたのですが、汗ふきシートなるものがフランスには存在しません。

旅の最中や夜行バスでどうしてもシャワーを浴びることができない場合にあると重宝します。

特に夏シーズン。

まとめ

というわけで、今回はフランス留学にもってきてよかったもの、持ってこればよかったものをまとめてみました。

今後また何か「あれ必要だったな!」というものが思いついたらこの記事にアップロードしていきたいと思います。

それでは。

 

 

 

 

コメント