ブルターニュ地方で自転車に乗ってきたら想像以上に最高だった

Bretagne
スポンサーリンク

こんにちは。年間4000km走行をひとまずの目標にしてせっせと週末ライドしているささこーです。

今回も例のごとく、フランスの老舗手作り自転車メーカーであるAlex Singerさんで開催しているライドイベントへのお誘いを受け、参加してきました。

今回の遠征先は未だに自転車で訪れたことの無かったブルターニュ地方。

パリからは何と600km離れている場所です。日本でいうと大体東京大阪間を往復しつつ自転車に乗るという意外とハードなスケジュール。(車を運転してもらったACJPの方々に関感謝です。)

それでも、海沿いを自転車で走ったり、美味しい海鮮料理をいただいたり、自転車を担いで渡し船に乗船したりと貴重な体験をすることができました。

Stravaと現地で撮った写真を踏まえながら振り返ってみようと思います。

コース情報

ささこー
ささこー

これぞザ・ブルターニュ。

今回は平坦な地形をひたすら100km漕ぐライド。

コースの途中で向かい岸の半島に渡るために船に乗ったり、その先のレストランで食事を取ったり、海の壮大な景色を眺めながら自転車に乗るのが今回のコースのポイントです。

前日雨が降って路面はウェットだったけど無事晴れてくれて良かった!

ホテル

ささこー
ささこー

今回はこちらのホテル「Ar Couette」さんに宿泊。なんとオーナーが今回のライドの主催者の奥さんだった為、2日間部屋を無料で貸し出してもらいました・・・。ありがたや。ありがたや。

 

写真で振り返り

朝8時30分にホテルの前に集合。

大量に飲んだ高級ワイン(8杯位は飲んだろうか?ボトル120€するようなやつを何本も開けた笑)で若干二日酔い気味の状態でのスタート。

パリでこの時間帯だとまだ暗い為、念のためライトを準備していましたが、その心配もなく明るかった。

僕以外の参加者は大体Alex Singerのバイクに乗っていました。

すごい霧。

海沿いだからだろうか、前日雨が降ったからだろうかものすごい霧の影響であんまり視界がありません。

少し進んでは休憩。

年齢の若い人からおじいちゃん、おばあちゃんまで参加しているライドなのでこまめに休憩を取っているのでしょうか・・・。

どうやら今回は速めに走るグループと途中から合流するチームで分かれていたらしく、このあたりからだんだん人が増えてきました。

朝日がのぼーる~

また休憩。

サポートカーまで準備されているという力の入れよう・・・。

ここらで一旦自転車を降りてまだ挨拶していない人と顔を合わせては雑談してました。

せっせとフランス語の練習。

こういう時にフランス語を話すために大学でフランス語の授業を受けていたんじゃ~。

あったかホットワインで一息。

この辺りは本当にフランスらしい文化ですね。

自転車ライドイベントをやろう!と企画したら家族ぐるみでサポートしに来てくれる様子を見ると、やはり日本よりもフランスの方が自転車中心の生活が受け入れられているんじゃないかなと思わされる。

気を取り直して出発。

渡し船の時間があるので、ここから10kmはペースアップで港まで向かいました。

湿地地帯が広がる雄大な景色が素晴らしかった。

Promenade Du Lohic に到着。

ここで行程の半分を走り切る。ここから自転車を船に載せて向こう岸のまで渡ります。

ぎゅうぎゅうに敷き詰められたバイク。

約10分程度の短い船の旅。

あんまり長くても船酔いしたり飽きたりするので10分て意外と丁度いい時間配分。

無事向かい岸に到着~。

さて飯だ。

例のごとくフランス人はライド中にも関わらず初めに注文するのは「ビール」。

皆さんビールを飲むものだから、私もついつい飲んでしまう。

日本に帰ったら自転車に乗りながら酒を飲む癖を排除しなきゃですね。

昼食のメニューの一つ。

最初何を食べているのか分からなかったんですが、後から聞いてみるとこれはヤリイカだったみたいです。従ってちゃんとしたブルターニュの海鮮料理。

そういえば、なんか海に浮かぶ船とかを連想させるなあ・・・。

そしてフランス人は昼飯が長い(笑)

3時間はレストランに引きこもって何か食べてはビールやワインを飲んでいましたとさ。

さて気を取り直して後半戦スタート。

ここは絶景のボーナスゾーン。左を見ても右を見ても海が広がっています。

こんな感じ。

レストランで酒を飲んで少しぼーっとしている頭がさえわたるような絶景。

最近久々に更新したStravaのアイコンもここで撮りました。

奥に見えるのが干潟ですね。ブルターニュは海が内陸に入り込んだような場所がたくさんあって、潮の満ち引きで変わった姿を見せてくれるのがとても幻想的だと思います。

そして何を隠そう帰りの主役はこの犬。

途中であったのを機にいつまでもついてくるついてくる・・。

大体2km位一緒に走ったでしょうか。

意外と犬って長距離走れるんだなーと驚きました。

来た道をちゃんと戻って元いた家に帰れているといいんですが・・・。

そしてしばらく走ること約2時間、スタート地点に戻ってきてゴール。

まとめ

全長約100kmのブルターニュライド。

特に途中で見えた潮が引いた干潟の景色がとても印象に残っています。

日本にあと1ヶ月で帰国するというタイミングでまた特別な場所で自転車に乗ることができて良かったです!

今度この地方に戻ってくるとしたらパリブレストパリ2023かな?その時今回お世話になった方々に挨拶に戻れたらいいな!とか考えています。

それでは!

 

 

 

コメント